新制度完全対応

MENU

ふるさと納税とは?

  • HOME »
  • ふるさと納税とは?

ふるさと2多くの人が地方のふるさとで生まれ、その自治体から医療や教育等様々な住民サービスを受けて育ち、やがて進学や就職を機に生活の場を都会に移し、そこで納税を行っています。その結果、都会の自治体は税収を得ますが、自分が生まれ育った故郷の自治体には税収が入りません。
ふるさと納税は、こうした大都市と地方の税収の格差是正などを目的に、2008年4月から導入された制度です。ふるさとに直接納税するというわけではなく、都道府県や市町村に「寄付」をした場合に、その寄付金について控除が受けられて、支払うべき税金から減税されるという仕組みです。詳しく言えば、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です(一定の上限はあります。)。 例えば、年収700万円の給与所得者の方で扶養家族が配偶者のみの場合、30,000円のふるさと納税を行うと、2,000円を超える部分である28,000円(30,000円-2,000円)が所得税と住民税から控除されます。
ふるさと納税が、これほど話題になっているのは、自治体に寄附した人に対して、その自治体から特産品などの特典を送ってもらえることが大きな原因のひとつだと言えます。特産品などの特典を送付は、現在約半数の自治体で実施しており、魅力的な特典を送ってくれる自治体に、自ずから寄附が集中しています。
本年度から、制度が変わり確定申告が必要なくなったことから、私のような普通の給与所得者にとっても、より手続きがやりやすくなってきます。もちろん特典狙いだけでなく、応援したい自治体に納税をすることで、その地方を活性化(災害からの復興も含む)するお手伝いをするという意識も持って、ふるさと納税を考えていきたいと思います。

PAGETOP
Copyright © 2019 ふるさと納税の楽しみ方 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.