新制度完全対応

MENU

ふるさと納税でみんなが幸せに

  • HOME »
  • ふるさと納税でみんなが幸せに

震災2震災の支援の方法はいくつかありますが、ふるさと納税を使った復興支援は支援のしやすい支援方法だといえます。
ボランティアで参加する、地域の特産品を買う、物資を送るなどいろいろな支援があります。寄附については、寄附をする対象によって大きく2つに分けられます。
まず、義援金は、生活者に直接渡される生活支援のための寄附金で、被災者一人ひとりに公平に分配されます。義援金は、赤十字やNHKなどいくつかの窓口で、寄附をすることができます。この義援金は、被災地方団体が関係機関と組織する義援金配分委員会で配分され、被災者に届けられます。
もうひとつは、復興支援金です。これは、復興支援に取り組んでいる地方公共団体やNPOなどの団体に寄附するものです。ただなかには怪しい団体もありますので、どこに寄附するかは注意する必要があります。控除の点からみると、この2つの寄附金は「ふるさと寄付金」として行えば、控除の対象になります。
日本赤十字社や中央共同募金会などに東日本大震災義援金として寄付する場合の流れ
東日本大震災に係る被災地方公共団体に対する寄付金及び義援金の受入口座一覧

ふるさと納税を使って震災支援をする場合も、2000円を除く全額が控除の対象になりますし(上限はありますが)、自治体を直接選ぶこともできます。またほとんどの自治体で、寄付金の使い道が指定できるようになっているので、選んだ自治体で具体的な支援を行うことができます。
復興支援に限らず、ふるさと納税で、自然保護や高齢者、子育て支援など使い道を指定して寄付を行うことができます。くわしくはここをクリックしてみてください。

PAGETOP
Copyright © 2019 ふるさと納税の楽しみ方 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.