新制度完全対応

MENU

「九州ふっこう割」

九州7県と企業でつくる九州観光推進機構は6月23日、熊本地震で深刻な影響を受けている九州の観光業を支援するため、宿泊費などを最大70%割り引く補助制度の概要を発表しました。名称は「九州ふっこう割」で、地震復旧のための国の予算から180億円が充てられます。
割引対象は、九州の旅館やホテルの宿泊費と、九州での宿泊を伴う交通費込みの旅行商品で、希望者は、取り扱っている旅行予約サイトか旅行会社の窓口で申し込みます。割引率は、大人も子どもも同じで、被災地の熊本、大分両県が最大70%、福岡、佐賀、長崎、宮崎、鹿児島の5県は最大50%ですが、1人あたり宿泊のみは2万円、2県以上を周遊する宿泊旅行は3万5千円の上限があります。例えば、家族5人で大分県の1人1泊3万円のホテルを申し込んだ場合、最大で10万円の補助を受けることができます。
7~9月の宿泊分の販売は、7月1日から順次始まります。
6月23日時点で割引を実施する予約サイトは、じゃらん、楽天トラベル、近畿日本ツーリスト、日本旅行、東武トップツアーズ、エイチ・アイ・エス、名鉄観光、JALパック、ANAの旅作、西鉄旅行、JR九州旅行の11社です。旅行商品には割引後の価格を提示し、助成額も明記されるようになっています。また、佐賀と鹿児島を除く5県は、各県で使える宿泊券をコンビニなどで販売する予定です。
10~12月分は8月中旬に概要が決まりますが、割引率の上限は熊本、大分で50%、他5県は40%とする見通しです。詳しくは取り扱っている各旅行会社か「九州ふっこう割特設サイト」をご覧になってください。





PAGETOP
Copyright © 2020 ふるさと納税の楽しみ方 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.